0869_%E8%89%B2%E8%AA%BF%E6%95%B4_edited.

ごあいさつ

長野のまちづくりに情熱をそそぎ続けて

令和2年。日本が、冬季も含めると

3度目のオリンピックを迎えようとしていたこの年、

思いがけない事態が世界を大混乱に巻き込みました。

新型コロナウィルス感染症の蔓延です。

 

この事態はさまざまな課題を私たちの社会に投げかけました。

その課題を解決へと導く一つの道筋として、多くの人々や企業が

生活や仕事の基盤を地方に求めるようになりました。

ここ長野も、今まさに注目される地方の一つです。

 

ナカジマ会館は明治時代の中頃に長野に創業し

時代の変化に応じて業種、業態を変えながら

常に地域の発展を願い、積極的に地域開発に参画してきました。

現在は長野駅前を拠点とする不動産事業を通じ、

地道ながら長野のまちづくりの一端を担っています。

 

現在、観光だけでなく、ゆたかな人生を過ごす場所として

多くの人々の目が長野にそそがれています。

この時代を長野で生きる経営者として

私は、地域創造に尽力してきた先達の思いに自らの思いを重ね

長野をよりよい地方都市にしていくために

力をそそいでいきたいと考えています。

中島克文 ナカジマ会館

株式会社 ナカジマ会館

代表取締役  中島克文